FC2ブログ

公開

コルトラリーアートバージョンR

三菱 コルトラリーアートバージョンRが新たに導入した車両です。



ただのコルトどころかただのラリーアートバージョンRでもなく、スペシャルな限定車です。
レカロシートやラリーアート製スポーツマフラーが標準装備でドア開口部はシームレス溶接により剛性を高めたモデルです。
足回りは、車高調を装着したHT81スイスポよりはわずかにマシという程度の固さです。

レカロ3台連続でレカロシート装着車
コルトメーターメーターもスイスポと同じ240km/hスケール


スイスポと同じ1500ccですがターボが付いているため、馬力は115psから一気に164psと50ps近い差があります。
しかし重量が200kg近く重くなっているため、パワーウェイトレシオは1.0kg/psしか変わりません。
この数値はデトマソと同じですが、SOHCと比べるとやはりコルトの方がパワーがあると感じます。

ただ、コルトの特徴ともいえるフロントピラーの傾きから、方々で言われている通り、右側の視界は非常に悪いのが難点です。
交差点を右折する際や右カーブでは通常以上に注意が必要です。
ブラインドカーブの多い山岳酷道においては右カーブに細心の注意を払う必要があります。
あと、ボンネットの先端は全く見えません。


そして、肝心(?)の燃費ですが、東日本遠征で3回給油し、全てカタログ値を上回っています
スイスポなら18~20km/lを記録しそうな乗り方でしたが、やはりターボがある分スイスポ程良い値は出せません。
近所の買い物等の短距離運転が多かったり、クーラーをつければ当然カタログ値を下回るでしょう。
要は乗り方次第なので例の件は私には影響ありません。






本家サイトにてコルトのページを作ると同時に燃費ページも作成しました。
カタログ値15.4km/hに対し、5回給油時点での最低値が16.6km/hとなっています。


コルト | コメント(4) | トラックバック(0)2016/05/07(土)20:01

コメント

コルトラリーアートバージョンなのはタイヤサイズで気付きましたが、まさかのスペシャルモデルとは・・
黒色の純正ホイールからして最初の限定生産車ですね


右側の視界が悪いのは同意します(笑)

個人的にはいい車だと思ってますので大事に乗ってあげて下さい

2016/05/09(月)00:10| URL | #- [ 編集]

Re:

コルトラリーアートを買うなら“レカロ付き”を条件にしていたら、たまたまスペシャルモデルに当たりました。
樹脂フェンダーが目立ちにくい黒を第一希望にしていましたが、ホイールが黒いのを見ると赤でも悪くないと思って購入に至りました。

車自体より製造会社が色々言われていますが、前の2台同様に乗り潰すつもりです。

2016/05/12(木)21:38| URL | 01@管理人 #- [ 編集]

今話題の三菱車ですねw、正直あの燃費偽造も10kしか走らないものを100kはしりますって言うんじゃなくて、99kしかはしらないものを100kはしりますっていうかんじにしただけっぽいですけど、ちょっと騒ぎすぎだと思いますね、まぁ税金の免除の区切りを超えて偽装しちゃってるので詐欺罪とかになるので車云々より人間の道徳の問題ですよね、で、コルトですが以前親戚のCVT仕様を運転しましたがえらい速くて感動したもんです、あの車格であの出力は本当に俊敏でいいですよね。

2016/05/25(水)13:57| URL | ひろき #- [ 編集]

Re:

燃費に関しては結局乗り方次第ですからねぇ。

スイスポと同じ1500ccながら、ターボのおかげで高速道路の走行が随分楽になりました。
小回りがきかないのと右前方の視界が悪いのが欠点ですね。

2016/06/11(土)20:32| URL | 01@管理人 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

01

Author:01
目的地のないドライブ好き。でも旅行はあまり好きでないと矛盾しています

月別アーカイブ

ブログ内検索