FC2ブログ

特別警報の最中を走る

身内の結婚式に出席するために帰省していました。
既に千葉県に戻っておりますが、式は台風18号の接近に伴う特別警報が発令された16日でした。

15日は一日中雨が降り続いたものの風はほとんど吹いておらず、単なる雨の日という認識しかなかった。
近畿地方は直撃コースを離れており、予報通り16日昼頃には晴れるものと思っていた。

16日朝、起きて窓の外を見ると150m程離れた場所を流れる川の水面が見えるくらいにまで増水していた。
これまでの台風を含む大雨のために増水している川だが、自宅から水面が見えるのは初めて。
当然ながら茶色い濁流である。

実家から式場に向かうに当たって、通常なら2時間のところを念のため5時間前に出発。高速道路が一部通行止めのため下道アタックになるという事情もある。
実家を出て10分以内に土砂が路面に流出している箇所が2か所も通過。うち1ヶ所は所謂シャコタン車ならエアロ等に深刻なダメージを負うレベルであった。
最終的には国道に2か所の通行止があったため迂回を余儀なくされた。
途中で電柱が折れている現場を通ったり、警察や消防団が警戒している場所を通ったりしましたが、天気予報通り、徐々に雨脚は弱まってきて大阪府に入る頃には晴天になりました。

通行止迂回による時間的なロスはせいぜい30分程度だったが、国道と阪神高速での工事渋滞に巻き込まれたため4時間強かかりました。


あ、結婚式そのものは青空のもとで恙無く取り行われました。
これで一族(主に親)からのプレッシャーがさらに強くなりました。


日常 | コメント(0) | トラックバック(0)2013/09/17(火)20:07

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

01

Author:01
目的地のないドライブ好き。でも旅行はあまり好きでないと矛盾しています

月別アーカイブ

ブログ内検索