FC2ブログ

第二東北小遠征

先週購入したナビのテストを兼ねてはるばる東北まで行ってきました。
はるばると言っても今住んでいる所からは、これまでに比べて近いため比較的容易に東北に行けます。
もっともそのせいで今年2回目の東北遠征を敢行してしまったわけですが…


1日目(2/8)
R346  R456
仙台市から盛岡市まで2本の国道を利用して移動。普通ならば東北道かR4を使うところ。
R456の終点はR346走行時に通過するのだが、R346の終点が気仙沼市中心部なのでわざわざ戻らなくてはならない。


2日目(2/9)
R281  R395
盛岡駅前のビジネスホテルに宿泊し、盛岡市から久慈市を経て二戸市に移動。こちらも普通ならば東北道かR4。


2日目はどちらも短距離の国道のため昼頃には全工程を終了。
そのまま二戸ICから八戸道に乗るのはもったいない気がしてR4を北上して青森県にも足を踏み入れる。
そこでガソリンを補給して帰ろうと思わなかったわけではないが、なぜか進路をR104鹿角方面に向ける。
十和田湖まで行こうと思っていたが、積雪&地吹雪にやられたためそのまま秋田県に抜けて十和田ICで東北道に乗る。

しかし、北上JCT辺りで事故通行止の報を聞いて盛岡ICで降りてなぜかR46を西進。
積雪の仙岩峠を越えて再び秋田県に入り、R105で南下してからR13でさらに南下。
このまま今回の遠征で通過していない山形県まで行こうと思ったが、降積雪のせいで思ったよりも時間がかかり、下手をすれば帰宅が翌朝になる可能性があったため、横手ICで秋田道に乗る。
あとはそのまま高速道路をひたすら茨城に向かって走るだけ。
結局帰宅は日付が変わる直前でした。



先月は福島・宮城県メインで今月は岩手県メイン。
次は青森県か、と言いたいのですが私には残された時間が少なく今月末には当地を離れざるを得ません。
あと1回くらいは東北に行きたいと思っているのですが、引越の準備やらもあるのでどうなることやら。


で、肝心のナビのインプレッションですが、初めてのナビという訳ではないので特に言うほどの事はありません。
前のナビが同じメーカーという事もあって細かな違いはあるものの違和感なく使えています。
先日も書いたがやはり国道=赤・主要地方道=緑・一般地方道=黄という色分けは私にとって非常にありがたい仕様です。

せいぜい文句を付けるとしたら直射日光を感じるセンサーを付けたのなら、明るさを感知するセンサーも搭載してライトのオンオフの際のディマー機能と連動していたらと思った。
山岳狭路酷道を走る場合は晴れた真昼間でもライトを点灯する事が多々あるが、明るさ感知で昼間は黒くならないといった具合に。
AVN-Z01では昼間のディマーオン時は画面がほとんど見えず、道路の線は全くと言っていいほど見えない。
一応、昼夜画面を手動で切り換える機能はAVN2204D同様に付いているのだが。



そして本日、VICSを追加で取り付けました。
ナビ付けた時に一緒に付けろよという話なのですが、担当者が前のものをそのまま取り付けられると思っていたができなかったようで1週間遅れになりました。
普段ほとんど意識しないがVICSあるとないとでは便利さに雲泥の差があります。


国道 | コメント(0) | トラックバック(0)2012/02/10(金)21:02

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

01

Author:01
目的地のないドライブ好き。でも旅行はあまり好きでないと矛盾しています

月別アーカイブ

ブログ内検索