FC2ブログ

夏の遠征

少し遅い夏休みに突入したので遠征に行って来ました。
遠征と言ったものの、休み期間が中途半端なうえに後半は用事があるので2日だけとなりました。

その遠征途上で200000kmに達しました。
200000km
この写真を撮りたいが為に下道を150kmくらい走りました。高速だと良いタイミングで停車できない可能性の方が高いので。
その後はガソリンを補給して高速に乗って第一の目的地である射水市に向かう。



N峠
遠征の1本目はこの峠を越える国道。
昨年は冬季閉鎖明け直後に走ったせいか路面はさほど荒れていなかったが、今回は台風だか豪雨だかの影響か、水に流されたと思われる砂が堆積している箇所が多く結構荒れていた。
それでもなお通行可能状態を保っているのはこの峠にしては上出来だろう。

分断箇所     魚帰滝端点付近にある魚帰滝
端点付近の通行止理由のひとつが「冬季閉鎖」。そして9月18日まで工事で通行止とも。
日曜日だったので工事はしていなかったが、関係者らしき車が停まっていたので徒歩で探索する事もなく引き返した。

S峠
有料のトンネルが貫く峠を通る現道。
似たような状況にR362本坂峠があるが、こちらはそれを上回る酷っぷり。
大半が離合できない1.0車線。そんな中、10台くらい一度に出くわす。ハイエースがほとんどだったので何らかのグループと思われる。

終点まで走った後は東海北陸道に乗って再び富山県を目指す。
適当に時間をつぶしてから軽くひとっ風呂浴びて某PAにて車中泊。


2日目は富山市から始まる。
飛騨市に入った後に22,3時間前に走った区間を逆方向に走ってここに到達する。
A峠(の入口)
急勾配・急カーブ・狭路だが、N峠の後ではいささか酷道としては劣ると言わざるを得ない。
もっとも紅葉の最盛期にはそうも言っていられない状態になりそうだが。それが嫌であえてこの時期を選んだ事を付け加えておこう。

国見展望台  ふくべの大滝
この国道も分断区間を抱えているのだが、林道で繋がっており分断をあまり意識する必要がなく迂回の必要もないのがありがたい。前日に走った国道の分断区間は端点同士の直線距離は数kmだが迂回には60km程要している。
結構な金額を取られる観光道路だからか所々に広めの駐車場が用意されているが、どれもほとんど車が停まっていない(場所によってはゼロ)。
ここもA峠同様に紅葉期には阿鼻叫喚となるだろう事は広めの駐車場が物語っている。

林道の西側は概ね2車線快走路が続いており普通に走れる。
終点付近の経路変更が行われ、元の終点であったR8以西に延びているが、その行き着く先は空港。(空)港国道としての側面も持つに至っている。


以上、2本の国道を走ってきました。
その後は、だらだらと海沿いの県道を走ってみたり、R8を避けて県道を走ってみたりで福井県鯖江市まで南下。
しかしそこで事件は起こった。

エンジンをかけようとキーを回すもすぐに始動しない。
一旦戻してもう一度キーを回すとセルが一瞬動くだけでその後何の反応もない。

・・・・・・バッテリー上がり??!!

と言いたいが、ほんの数分のエンジン停止でばってりーが上がるはずもない。ヘッドライトの点けっ放しもない。



という事は、つまり、その・・・・・・バッテリー死亡( iдi )


確かに最近エンジンの始動がちょっと弱くなったと思っていた。
遠征を開始してからパワーウィンドウのモーターも弱くなっていると感じていた。
帰宅してからバッテリーを交換しようと思っていたが、先手(?)を打たれた。
幸いにしてそこがガソリンスタンドだったため店員に声をかけてすぐに新品に交換してもらい事なきを得た。
これがN峠で起こっていたら、たぶん、この時間には帰宅できていなかっただろう。下手をすればまだ峠にいたかもしれない。

年式・走行距離から考えてバッテリーではなくオルタネーター等の車両側の電装系に何らかの不具合がある可能性も考えられ、まだ油断は出来ない。
しかし、その後コンビニ停車後は元気良くエンジンが始動したのでバッテリーの問題だろう。


もし、車両側に問題があれば・・・・・・


国道 | コメント(7)2009/08/24(月)22:24

コメント

バッテリーの件、まさに不幸中の幸いでしたね??。

一般の方なら酷な山道に車を停めて再始動というのはそうそう無いですし、これは酷道家の背負う大きなリスクですよね。

しかしN峠がまだ通行可能なのには驚きました。峠北のガードレールも新しくなっている?ようにも見えましたが岐阜県が頑張ってるんでしょうかね?

最後になりましたが、デトマソ20万Km走破おめでとうございます。

2009/08/25(火)11:22| URL | R1 #- [ 編集]

バッテリーの死亡。
怖いですね。

N峠で起こっていたら、当然携帯も圏外ですし、
通行車両もほとんど見当たらないから、
私だったら泣きそうになりそうです。

先日、静岡県道389号線を大雨の中、夜21時頃
走っていたら、パンクしてしまい、泣きそうに
なりました。
(たぶん、石か小枝を踏んでしまったからだと
 思います。)

当然、携帯も圏外、あたりに民家なども
見あたらず、真っ暗やみの中、雨でずぶぬれ
になりつつ、スペアタイヤに交換して何とか
生還しました。

後で調べてみると、r389は夜19時以降通行止め
だったみたいです。事前調査不足・点検不足を
深く反省しました。



ちなみに本家サイトの写真の下の6文字
「まだ通行可能」の文字を見て、
「来週あたり行ってみるか」と思ったり
しました。


2009/08/25(火)13:32| URL | りゆ #17ClnxRY [ 編集]

遠征お疲れ様でした。
そして、20万キロおめでとうございます。
私はつい最近13万キロ達成するために、宮崎遠征をしたぐらいでしたが、管理人殿はやはりスケールが違いますね。(某最強酷道を走ったわけではありませんが)

そして、今回のトラブルは本当に峠でなくてよかったですね。
場所がちょうどガソリンスタンドとは・・・
ひょっとしたら、車が最後の踏ん張りで走行途中でなく、ガソリンスタンドにたどり着いたかもしれませんし・・・
なにはともあれ無事でよかったです。

2009/08/25(火)21:52| URL | 秋穂義弘 #- [ 編集]

20万?走破ですか。
スゴすぎです!

酷道の途中でバッテリー上がりにならなくて良かったですね。
特にN峠だと携帯の電波は圏外ですし、JAFが助けに来れなさそうですね…。



去年の夏にS峠のある某酷道を走ったのですが、有料道路のトンネルの前の分岐に通行止めのゲートがしており、通ることができませんでした。

「当分の間通行止」と書いてあったので、てっきり廃道化してしまったのかと思いました。

機会があれば、走りに行きたいと思います。

2009/08/25(火)23:59| URL | ☆上ちゃんGT☆ #- [ 編集]

走行後にエンジンを切り、再スタートするとバッテリーが上がっていた・・・・。

 おそらくオルタネーターでは?
車は基本的にはエンジン始動時にのみバッテリーからの電力供給を受けてセルモーターを回します。その後の走行中はオルタの発電量でプラグをスパークさせるため、バッテリーの電力を消費しません。
 ですが、オルタが故障した場合は発電ができないので走行中にもバッテリーからの電力供給を受けてしまい、そのままバッテリーの電力を使い切ってしまうということがよくあります。
 また電装品を大量に搭載されている車にも同様な症状がみられたりもします(電力消費量がオルタの発電量を越える場合)。

 いずれにしてもやはり一度点検を受けたほうがいいと思いますよ。再発が怖いですからね。絶版車乗りにはやはりこれくらいのリスクがないとおもしろくない・・・という考え方もあったりもするんですがね。

2009/08/29(土)00:37| URL | ブロントサウルス #- [ 編集]

v-3089周年&200000㌔走行おめでとうございます!数々の難所通行がご無事だったことは何よりです。
「20~30マン㌔からアタリが出るんですよぉ~。」とディーラーに言われてその気になって買った愛車でしたが、消耗部品というのに煩わされて12年20マン㌔弱で諦めました。管理人さんのようにメカに強くないですから。
長いこと未練が残りました。
なにかウマいこと回復できるといいですね。

2009/08/31(月)23:30| URL | ラアラ #a2H6GHBU [ 編集]

返信が遅くなりましたm(;∇;)m

>皆様
バッテリーの件は確かに不幸中の幸いでした。
盆休みを外れた平日だったためスタンドも混雑しておらず10分足らずで交換できたのも助かりました。
15年落ち20万キロの車には色々と背負っているもの=リスクがあるようです。

2009/09/06(日)21:49| URL | 01@管理人 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

01

Author:01
目的地のないドライブ好き。でも旅行はあまり好きでないと矛盾しています

月別アーカイブ

ブログ内検索