道路ふれあい活動2016 その2

道路ふれあい月間企画の第2弾です。
と言っても全線が指定区間の幹線国道なので面白みに欠けます。
R258


ふれあい月間の週末はあと1週残っていますが、おそらく国道走行には行けなさそうでこの2弾で企画は終了となります。
毎週のように国道を走りに行っていた昨年とは異なり、今年は3本だけと大幅に減りました。


国道 | コメント(3) | トラックバック(0)2016/08/21(日)19:44

夏休みの工作

諸事情ありまして夏休みが暦通りなので遠征には行っていません。
その代り、夏休みの工作をしていました。

フロント  リアスピーカー交換

フロントには元々社外品が付けられていましたが、あえて交換。
リアは純正品が付いていましたが、前オーナーか前々オーナーが売却時に元に戻したようでした。
前後ともナビに合わせてイクリプスにしました。

せっかくトリムを外すのでアウターパネルに制振材を貼り付けておきました。
ドアトリムの内側はほとんど何もない状態だったので吸音材を貼り付けました。

ついでにバックドアトリムの内側にも吸音材を貼り付け。

さらについでにラゲージフロアに制振材を貼り付けたうえで吸音材を設置しました。
スペアタイヤの留め具を外す際に土台が変形してしまい、気付かずにさらに回してしまったためボルトが折れるというハプニングに見舞われました。
吸音材やらフロアボードやらで固定されていて動かない事を確認したのでそのまま放置します。


コルト | コメント(0) | トラックバック(0)2016/08/14(日)18:20

道路ふれあい活動2016 その1後編

昨日のR477は都合により途中までしか走れなかったため、本日残りの区間を走ってきました。
R477

と言ってもR306より東の区間だけなので30分程度で終了。
せっかくなのでもう1本別の国道を走ってきました。
R164


国道 | コメント(0) | トラックバック(0)2016/08/07(日)17:53

道路ふれあい活動2016 その1

今年も道路ふれあい月間がやってきましたので、早速国道を走ってきました。

R477

2003年と2007年にも走行したあの国道です。
R9~R367間の酷道レベルは9年前とほとんど変わっていません。
百井別れは、コルトRAでは切り返さないと曲がれませんでした。
ダンガンとデトマソでは大回りして何とか曲がり切れたのですが…
最小回転半径は、ダンガン4.7m、デトマソ4.5mに対してコルトRAは5.4mなので当然の結果と言えるでしょう。

滋賀県は相変わらず右左折が多いのですが、ごく一部ながらバイパスが開通していました。
狭路区間を除いて全体的に交通量が多くなっているように感じました。


国道 | コメント(1) | トラックバック(0)2016/08/06(土)20:54

日本海へ

先週の3連休は大崩れこそしなかったものの天候がすぐれなかった。
今週末は晴天という事でいてもたってもいられず、軽く国道を1本走ってきました。
R175

先週の四国遠征の際に高知県四万十町で給油をし、R318を走ったり買い物に行ったりしたものの京都府舞鶴市まで無給油で行けました。
トリップメーターでの走行距離は698.3km。
給油量は43リットルでしたので、誤差を考えてもあと10kmは走れたかもしれません。
HT81に比べて燃費は悪いですが、タンク容量が大きいため航続距離はほとんど変わらないようです。


国道 | コメント(2) | トラックバック(0)2016/07/23(土)20:39

四国四県物語(COLT・RA)

コルトラリーアートに乗り換えてから初めて本格的酷道を走ってきました。
R439-1

R439-2

R439-3


徳島市までの移動時間を勘違いしてスタートが少し遅れたり、京柱峠の高知県側で時間帯通行規制に足止めされたりしましたが、15時には四万十市に着きました。
時間帯通行規制では40分も待たなければなりませんでしたが、待機車両は3台+自転車1台のみでした(反対方向は1台)。
自転車の人もR439をトレースしていたようです。


愛媛県の某所で宿泊して17日は別の酷道を走ろうかと計画していましたが、雨の予報だったので断念しました。
しかし、雨の降り始めがより遅い東の1時間程度で完走できる国道があったので、そちらを走りました。
R318





肝心のコルトラリーアートの酷道耐性ですが、サイズとパワーは全く問題なし
やはり、右前方の視界が悪いのは厄介です。
もっともこれはR439の酷道峠よりも帰りに走った兵庫r25の方が怖かったです。
急カーブが多く路面状況が悪くて速度を出せない状況よりも、ただ狭いだけでカーブもさほど急でなくそこそこ交通量がある状況の方が苦手という感じです。

あと、後退時の後方確認の姿勢が取りにくいです(いわゆる、助手席のシートバックに手をかけて、という体勢)。
これはレカロシートのサイドサポートが通常のシートよりも大きいためと思われる。そのためシート間も狭く、後部座席に置いた物を手を伸ばして取るのは極めて困難です。シートの奥に行ってしまったらまず取れません。
3ドアのデトマソにはシートバックを倒すレバーがあったのですが、5ドアのコルトにはそれがなくシートを倒す場合はダイアルを地道に回すしかないという仕様です…
しかし、それでも、2日で1000km走ったにもかかわらず、疲れにくく腰が痛くならないのはさすがレカロシートといったところです。


国道 | コメント(0) | トラックバック(0)2016/07/17(日)19:23

日帰り遠征

きりくし
車両乗換え後、初のフェリー乗船です。
このフェリー航路の国道に加えてもう1本走っていますが、どちらも一つの県だけを走っている国道です。


コルトラリーアートバージョンRに乗り換えてから高速道路の運転が随分楽になりました。
ネットで見た「2500ccのNAエンジン並」というのは当てはまってます。


国道 | コメント(0) | トラックバック(0)2016/06/11(土)20:23

R8完走

先週と本日でR8の残り区間(富山市~彦根市~京都市)を走ってきました。
これで一応、ゴールデンウイークの遠征は完了となります。
R8  R8



せっかく車を買い替えたというのに、今月末からしばらく国道走行と更新の頻度が落ちてしまう可能性があります…


国道 | コメント(4) | トラックバック(0)2016/05/14(土)20:19

公開

コルトラリーアートバージョンR

三菱 コルトラリーアートバージョンRが新たに導入した車両です。



ただのコルトどころかただのラリーアートバージョンRでもなく、スペシャルな限定車です。
レカロシートやラリーアート製スポーツマフラーが標準装備でドア開口部はシームレス溶接により剛性を高めたモデルです。
足回りは、車高調を装着したHT81スイスポよりはわずかにマシという程度の固さです。

レカロ3台連続でレカロシート装着車
コルトメーターメーターもスイスポと同じ240km/hスケール


スイスポと同じ1500ccですがターボが付いているため、馬力は115psから一気に164psと50ps近い差があります。
しかし重量が200kg近く重くなっているため、パワーウェイトレシオは1.0kg/psしか変わりません。
この数値はデトマソと同じですが、SOHCと比べるとやはりコルトの方がパワーがあると感じます。

ただ、コルトの特徴ともいえるフロントピラーの傾きから、方々で言われている通り、右側の視界は非常に悪いのが難点です。
交差点を右折する際や右カーブでは通常以上に注意が必要です。
ブラインドカーブの多い山岳酷道においては右カーブに細心の注意を払う必要があります。
あと、ボンネットの先端は全く見えません。


そして、肝心(?)の燃費ですが、東日本遠征で3回給油し、全てカタログ値を上回っています
スイスポなら18~20km/lを記録しそうな乗り方でしたが、やはりターボがある分スイスポ程良い値は出せません。
近所の買い物等の短距離運転が多かったり、クーラーをつければ当然カタログ値を下回るでしょう。
要は乗り方次第なので例の件は私には影響ありません。




>>続きを読む


コルト | コメント(4) | トラックバック(0)2016/05/07(土)20:01

東日本遠征

双葉町
3泊4日の行程で遠征に行ってきました。
出発から帰宅まで2500km以上の距離を走りました。

にもかかわらず、走行した国道は2本+半分のみです。


国道 | コメント(6) | トラックバック(0)2016/05/02(月)20:58

«  | HOME |  »


プロフィール

01

Author:01
目的地のないドライブ好き。でも旅行はあまり好きでないと矛盾しています

月別アーカイブ

ブログ内検索